MENU

【体験記】「はいむるぶし」でおすすめの部屋は? スーペリアルームに赤ちゃんと泊まってみた!

沖縄の美しい海を望む「はいむるぶし」。

その魅力的な施設にはウェルカムベビー認定のお部屋がありますが、高い&空いてないことも多いです。

お手軽なスーペリアルームでも赤ちゃん連れは安心して宿泊できるのでしょうか??
今回は1歳の赤ちゃん連れ目線でレポートを書いてみます。

目次

スーペリアルームの特徴

部屋からの景色は良いが、外から丸見え?

スーペリアルームはガーデンビューになります。

私がガーデンビューで連想するのは、ガーデンビューと言う名の駐車場が見えたりなど、綺麗なグリーンだけの景色でないホテルが多かったのですが、はいむるぶしに関してはしっかりグリーンが広がっており、なんといっても敷地が広いので外の景色には開放感が満載です。

「かぁちばいテラス」という所に宿泊しました。

公式ページより

ただ、カートで施設内を自由に動けるので、遠くの方でカートに乗ってるお客さんの姿が見えました。

つまり、広いグリーンの向こう側には道があり、そこから凝視すれば部屋の中はある程度見えてしまうので、着替えの際にはカーテンを閉める等気をつける必要があります。

また、テラスのグリーンの部分まで出てみると、お隣のお部屋が丸見えでした。

テラスに備え付けのデスクとチェアあたりまでは壁で見えないようにはなっているものの、グリーンの部分まで出ると、自由にお隣のテラスに行けてしまう作りになっています。もし目があった時にはお互い気まずい思いをすることとなりますので、あくまで自室の目の前までで留めておきましょう。

部屋は1階か2階になりますが、私たちは1階のお部屋でした。

施設内で飼っているであろう猫ちゃんがテラスに来てくれて、娘とずっと睨めっこしていて微笑ましい瞬間も。

お部屋のアメニティ

今回1歳になったばかりの娘のソープ類を持参するか迷ったのですが、はいむるぶしのHPにて無添加ソープが全室備え付けと記載があったので、それを使うことにしました。

泡タイプでface &handソープとして洗面所に置かれていました。

肌が敏感な娘ですが、特に荒れることもなく使えたので助かりました。

今回ウェルカムベビー認定ルームではなかったものの、事前に娘の年齢を伝えていると、特にお願いしていなくてもオムツのゴミ箱を洗面所に備え付けておいて下さりました。細かな気配りが嬉しかったです。

その他のアメニティはこちら

必要なものは一通り揃っていました。

お風呂

備え付けのお風呂場がとても広く、子どもと一緒に入っても楽々でした。

逆に洗い場が広すぎて赤ちゃんが動き回ってしまうほどです。笑

決して新しいお宿ではないものの、掃除がしっかり行き届いており、不快になる部分は一切ありませんでした。

お湯は自動で張るタイプではないので、お湯の温度を自分で調整して蛇口をひねって出しますが、毎日溜まった後に熱すぎることに気づいて水を足していました。

お部屋の中

ハイハイする赤ちゃん、スーペリアルームでの過ごし方

事前調べで土足なのかわからないまま訪れたはいむるぶし。

結論から言うと、土足ではありませんでしたが、ハイハイさせるには我が家は少し躊躇する印象でした。

やはり畳等のように寝転がれるような床でないと、自宅でない限り躊躇してしまいますね。というのも、自然の中に佇むはいむるぶしは、どうしても虫が入ってきてしまいます。部屋の隅っこには、昨日いなかった蜘蛛がいたり、小さな羽のついた虫がいたり…どれだけ清掃していただいても、自分たちの出入りで入ってしまうんだろうな、と感じました。

なんでも口にしたり触ってしまう娘なので、基本的には私たちがしっかり監視しながらベッドの上やソファーで遊ばせたり、用事で少し目を離す時にはレンタルしたベビーベッドにいれて安全を確保していました。

ベビーベッドが大活躍

我が家は普段からベビーベッドで寝かせており、添い寝の習慣がなかったので有料でもベビーベッドを借りよう!と言っていたのですが、一点懸念がありました。

それは、レンタルできるベビーベッドはミニサイズということ。

うちの娘は寝相が悪く、標準サイズのベビーベッドで柵に体を打ち付けながら寝返りをたくさんするので、果たして娘が寝ついてくれるのか心配でした。

また、つかまり立ちをするのですが、事前調べではどうもベッドが布製なので立ったら危ない…?と思い、事前にはいむるぶしに確認しました。

すると、レンタルできるベビーベッドの詳細URLを送ってくださり、(アプリカのココネルエアーです)つかまり立ちにも対応していることがわかったのでレンタルを予約しておきました。

ただ、もし寝つかなくて翌日以降ベッドが不要になれば、それ以降は撤去を依頼でき、使った1日分のみの料金で大丈夫ですとアナウンスいただきました。

ただ結論として、我が家はこのベビーベッドが大助かり。

娘がちゃんとこのベッドで寝てくれたことも大きかったのですが、なんと言っても自宅と違って安全を確保できるスペースがありません。

ハイハイもさせたくない、大人のベッドは落ちてしまうかも…となった時、ベビーベッドにいれておけば安心。

ココネルエアーが布製なので、木製ベッドとは違って柵の隙間もなく、知らないうちに触られたくないものを触っていた…!なんてこともなく、安心して過ごせました。

大人が2人いても、お互い準備したい、トイレに行きたい等、ずっとどちらかが1秒たりとも逃さず見ておけるようにというのは結構難しかったので、安全スペースとして大活躍でした。

子連れにおすすめの部屋とその理由

スーペリアルームに泊まってみた結果、別にウェルカムベビー認定ルームでなくても全然いけたな?という感想です。

なぜなら我が家の気になるポイントが上記に挙げたような床の問題、安全スペースの問題だったのですが、そこがウェルカムベビー認定ルームで解決できるわけではないからです。

HPを見てみると、ウェルカムベビー認定ルームの内容として、

【特典】
  • レンタルカート1室1台ご用意(要運転免許)
  • 座ってチェックイン(応接室もしくはロビー)
    ※基本は応接室にて。応接室を使用できないときのみロビー
  • 当日11時までキャンセル料無料(通常3日前から20%、当日80%、連絡なし100%)
  • 朝食、夕食時、離乳食を無料
  • ベビーベッド【 事前予約制 】
  • エスプレッソ珈琲マシンご用意

このような特典があります。

ただ、朝食夕食時の離乳食に関しては、施設内のビュッフェを利用すると離乳食コーナーがあるので部屋タイプに関わらず無料でもらえますし、ベビーベッドは1日2000円でつけられます。

キャンセル料に関してはありがたいところですが、元々子連れ旅行をされる世帯では、旅行キャンセル保険に入っている方も多いのではないでしょうか。ホテルだけキャンセル無料になっても、小浜島までやってくる交通費もいいお値段ですよね。そこをまとめてカバーしてくれるキャンセル保険に入っている方にとっては、なくてもいいサービスになります。

チェックインに関しては代表者1名がカウンターで立って手続きでしたが、ロビーで座りながらの待ち時間はあったものの、手続き自体は時間がかからなかったので、全然負担になりませんでした。

レンタルカートに関しては、元々ウェルカムベビー認定ルームに関わらずほとんどのプランでカート付なので、あえてカートがつかないプランを選ぶ方が選択肢として少なかったです。

景色はスーペリアと同じくガーデンビューなので、スーペリアルームで気持ち程度の節約ができたことを思うと、個人的にはハイハイ期の子どもがいてもスーペリアルームで快適に過ごせたなと感じました。

なかなか贅沢な旅となるはいむるぶしですが、余談として、お部屋の清掃を不要とすれば1回あたり4000円割引、タオル交換のみであれば2000円割引にしてくれます。

これは部屋代やベビーベッド代以外のアクティビティや施設内での部屋付けにした食事代金から割引いてくれます。ただ、タオルは自分で備え付けの洗濯機で洗えますし、割引額がなかなか大きかったので、1日は清掃不要にしました。

こんな感じで所々にお得感を感じながら、スーペリアルームで快適に泊まれたので、赤ちゃん連れだから絶対ウェルカムベビー認定ルームにしなきゃ!と検討していた方はぜひ、こんな意見もあるよという程度に参考にしていただけたらと思います。

  • URLをコピーしました!

著者

金融機関で働くOL。子供1人。旅行と美味しいお店巡りが趣味で、独身時代は世界中を旅していました。旅行先でのおすすめ、美味しいお店、子育て関係の情報を発信していきます。

目次