MENU

ヴィラサントリーニに行ってきた

  • URLをコピーしました!

ヴィラ・サントリーニは、ギリシャのサントリーニ島をイメージした、高知県にあるリゾートホテルです。
コロナ禍でなかなか海外は行けないけど、久々に非日常感を味わいたいな…という方にぜひオススメです!

目次

ヴィラ・サントリーニの場所

【アクセス】
車でのアクセス

  • [関西・中国方面から]高知自動車道→土佐IC→宇佐大橋→横浪スカイライン
  • [JR高知駅から]桂浜花街道→仁淀川河口大橋→宇佐大橋→横浪スカイライン
  • [高知龍馬空港から]浦戸大橋→桂浜花街道→仁淀川河口大橋→宇佐大橋→横浪スカイライン
  • ※土佐ICから当館まで約20分※宇佐大橋から当館まで約5分

公式HPより。HP内に記載がありますが、公共交通機関で訪れるのは難しい場所です。
私たちは空港からレンタカーで訪れました。

雑音のないとっても静かな小高い場所に位置しています。
中に入ると看板猫に早速会えました(^^)
見晴らしもとてもよく、リゾート感溢れる場所です。

ヴィラ・サントリーニのお部屋

泊まったお部屋はこちら。



玄関からとってもかわいいです。


本当は新館に宿泊したかったのですが、とっても人気でだいぶ前から狙っていたのですが取れず。
本館のデラックスダブルに宿泊しました。
お部屋が全室とっても特徴的で、サントリーニ島の交易船のクルーたちが住居に使っていたといわれる洞窟型を再現しているそう。
施設全体がジブリの世界のような感じもしてきてテンションが上がりました💕

奥行きのあるお部屋の先にはベッド、向かって左手にバスルームがあります。全体的に広々としていて快適でした。

アメニティはなんとブルガリ!
デラックスタイプのお部屋は全室ブルガリが用意されているそう。

お部屋から出ると目の前がプールなので、何度も行き来して写真撮影📸

どこを切り取っても映える写真が撮れます。

ヴィラ・サントリーニのお食事(ディナー)

夕食は新館のlogueにて。
予約制、メニューはおまかせになります。
3日前までに予約が必要です。
訪れた時はすでにコロナ禍だったのですが、とても広々していたので安心して楽しめました。


夕方日が沈んでくる時間帯だったので、素敵な景色を満喫できました。

お料理はひとつひとつとっても手がこんでいて視覚でも楽しめます。

特に印象的だった一部をご紹介します。


こちらはほうじ茶の葉っぱに埋もれている、シェフ特製の皮まで食べられる焼き芋
焚き火から焼き芋を探すようで斬新です。

続いてキャビアの乗ったお箱が登場。
箱を開けると、森のよう。

土佐原木椎茸で土佐はちきん地鶏のレバーペーストはさんだものがでてきました。全体的に楽しめたのですが、個人的にジビエや三代珍味などの変わり種の食事が苦手だったこともあり、もう少しスタンダードな食材だったらよかったなと思いました💦
お任せだったので、苦手なものを事前にお伝えしていればよかったのかもしれません。

食事で使ったお箸は記念に持って帰ることができます♡
使いやすいので今でも我が家で愛用しています。

ヴィラ・サントリーニの朝食

朝食はチェックインしたフロントの奥にある本館THIRAにて。
こちらがまた窓際から素敵な景色が楽しめます。


日差しが差し込みながら優雅に頂く朝食はとってもおいしかったです。
本当に海外に来たようでした。

1泊2日、ゆっくりと過ごすことができました。
いつもバタバタと周辺観光含め詰め込んでしまうのですが、広いジャグジーあり、朝から日の入りまで楽しめる抜群の景色ありなので、ここではのんびりする旅がおすすめです。

予約

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる